ビジュアル系お小遣い情報サイト - UInCS PM
サイトマップ BBS リンク集 コンタクト アフィリエイトBlog ホームへ戻る

相手は大手通販サイト


Posted at 2005/01/26 17:25
カテゴリ:アフィリエイト / コラム
2 TrackBacks


相手は大手通販サイト

アタクシ・うかはソファーとドレッサー、2つのショップ系サイトを運営しています。

ショップ系サイトを運営しようとする場合、「雑貨屋さん」とか「インテリアショップ」とするより「ソファー専門店」とか「ドレッサー・鏡台専門店」といったように、商品を1種に絞った方が売上があがりやすいと思います。

その理由はSEO対策にあります。

例えば「インテリアショップ」とした場合、扱う商品は「ソファー」「キャビネット」「テーブル」など、いくつかの種類に分かれると思います。

この場合、一商品の個別詳細ページには、左サイドバーなんかに「ソファー」「キャビネット」「テーブル」といったメニューや商品名を並べ、どのジャンルへもジャンプできるようユーザビリティの向上を図ったりします。

ここがポイントです。

この手のサイト構成は提携先であるECサイトが既に行っており、同じような作りをした場合、検索結果では本家・ECサイトの方がどうしても上にきてしまいます。

これが同じサイドバーにメニューを並べるにしても「○○ドレッサー」「××ドレッサー」「△△ドレッサー」といった感じで関連語句(=取扱商品名)を並べることで「ドレッサー」という語句が強調されます。

これにより、一商品を検索したときに本家のECサイトより自分のサイトが上に表示されるといった結果を生みます。

Googleで「フロアドレッサー」と検索してみてください。

2005年1月26日現在1番目に表示されるのは、うかが運営する「ベスト☆ドレッサー」の詳細ページ。本家ニッセンの詳細ページは2番目という結果になろうかと思います。

このように、ある商品(=キーワードにもなります)に特化することで、ページ全体におけるキーワード(=取扱商品でもあります)のウエイトが大きくなり、より上に表示されることでより売上に結びつきやすくなるのではないか。

これを「雑貨屋さん」「インテリアショップ」などに応用する場合、一商品の詳細ページには全ての商品を並べるより「このジャンルの取扱商品」などとして同じような語句が多くなるようにしたほうが、SEO的にはいい結果が得られるんじゃないかと推測します。


ショップを作るのに最適なASP

このエントリの編集

Bookmarklet: BlosxomThis!
Title:


Body:


Excerpt:


Ping URLs:


Password:


A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.


サイトマップ | BBS | リンク | ご連絡 | ブログ | ホーム


Copyright (c) 2004-2005 UInCS PM. All Rights Reserved.

-affiliate