ビジュアル系お小遣い情報サイト - UInCS PM
サイトマップ BBS リンク集 コンタクト アフィリエイトBlog ホームへ戻る

SSIを活用する(2)…コマンドの書き方


Posted at 2005/01/20 09:35
カテゴリ:アフィリエイト / コラム
3 TrackBacks


SSIを活用する(2)…コマンドの書き方

まずは、本体ページ(通常見てもらうページ)の拡張子を、html(またはhtm)から「shtml」に変更。次に、「同じ記述をしている部分」のhtmlを切り取って、新たに作るhtmlファイルに貼り付けます。

例1:index.html → index.shtml(shtmlでなければSSIは実行されません)
例2:同じ記述の部分 → foot.html(新たに作成、ファイル名は変更可能)

新たに作った「同じ記述部分のファイル」(例2)ですが、ここには<html>、<head>、<body>などのタグは一切使わず、表示させたい部分のHTMLのみを記述します。

次に、先に拡張子をshtmlに変更した本体ファイル(例1)に外部ファイル化した固定記述部分(例2)の内容を反映させるための記述です。(ここではそれぞれのファイルが同じ階層にある場合で説明します)

本体ページに、外部ファイル化したHTMLが本来書かれているべき場所へ次のようなコードを入力します。先にあげた例で示しますと…


もしくは


コードを入力し、本体ページ(例1)・外部ファイル(例2)のそれぞれをサーバにアップロード。本体ページのURLを入力し確認してみましょう。 いかがです?外部ファイルが反映されていませんか?

これが成功すれば、各ページ共通で表示している他の部分(ウチで言えば左サイドバーのメニュー部分とか)も同様にしてあげることで、ファイルひとつの修正を全ページに反映させることができます。

SSIを活用する(3)では、例1、例2を用いて具体的なコードの書き方を説明します。


Ads



今年はのんびり♪お家で楽々、ネットショッピング
Click Here!


この記事へのトラックバックはこちらへ




この記事へのトラックバック(関連情報)

トラックバック元エントリ名::SSIを活用する(1)…SSIとは
Trackback from UInCS PM アフィリエイト at 2005/01/20 (Thu) 09:42:43

SSI(サーバ・サイド・インクルード…Server Side Includes )とは、訪問者がサーバ(サイト)にアクセスしたときに、設置したHTMLにサーバ側で「何かの処理」を施し、見た目的には普通のHTMLサイトと同じように見せてしまう技術のことです。「何か�...


トラックバック元エントリ名::SSIを活用する(3)…具体例
Trackback from UInCS PM アフィリエイト at 2005/01/20 (Thu) 09:42:56

例1:index.shtmlの記述例<html><head><title>SSIのテスト</title></head><body>SSIのテスト用ページです。<br>これより下に表示されるのは、SSIを利用して外部ファイル「foot.html」に記載したHTMLを本�...


トラックバック元エントリ名::SSIの活用方法
Trackback from CGIプログラミングガイド at 2007/05/21 (Mon) 13:08:54

SSIの基礎的な説明から、SSIの使用方法、SSIとCGIを組み合わせたサイト運営法まで、SSIに関する説明を掲載しています。
SSIとは、使いこなせばとても便利なシステムです。
ウェブログと併用することにより、ウェブサイト運営がもっと楽に�...






サイトマップ | BBS | リンク | ご連絡 | ブログ | ホーム


Copyright (c) 2004-2005 UInCS PM. All Rights Reserved.