ビジュアル系お小遣い情報サイト - UInCS PM
サイトマップ BBS リンク集 コンタクト アフィリエイトBlog ホームへ戻る

SSIを活用する(2)…コマンドの書き方


Posted at 2005/01/20 09:35
カテゴリ:アフィリエイト / コラム
3 TrackBacks


SSIを活用する(2)…コマンドの書き方

まずは、本体ページ(通常見てもらうページ)の拡張子を、html(またはhtm)から「shtml」に変更。次に、「同じ記述をしている部分」のhtmlを切り取って、新たに作るhtmlファイルに貼り付けます。

例1:index.html → index.shtml(shtmlでなければSSIは実行されません)
例2:同じ記述の部分 → foot.html(新たに作成、ファイル名は変更可能)

新たに作った「同じ記述部分のファイル」(例2)ですが、ここには<html>、<head>、<body>などのタグは一切使わず、表示させたい部分のHTMLのみを記述します。

次に、先に拡張子をshtmlに変更した本体ファイル(例1)に外部ファイル化した固定記述部分(例2)の内容を反映させるための記述です。(ここではそれぞれのファイルが同じ階層にある場合で説明します)

本体ページに、外部ファイル化したHTMLが本来書かれているべき場所へ次のようなコードを入力します。先にあげた例で示しますと…


もしくは


コードを入力し、本体ページ(例1)・外部ファイル(例2)のそれぞれをサーバにアップロード。本体ページのURLを入力し確認してみましょう。 いかがです?外部ファイルが反映されていませんか?

これが成功すれば、各ページ共通で表示している他の部分(ウチで言えば左サイドバーのメニュー部分とか)も同様にしてあげることで、ファイルひとつの修正を全ページに反映させることができます。

SSIを活用する(3)では、例1、例2を用いて具体的なコードの書き方を説明します。


このエントリの編集

Bookmarklet: BlosxomThis!
Title:


Body:


Excerpt:


Ping URLs:


Password:


A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.


サイトマップ | BBS | リンク | ご連絡 | ブログ | ホーム


Copyright (c) 2004-2005 UInCS PM. All Rights Reserved.

-affiliate